« 懇談 | トップページ | ブーム »

2009年7月 7日 (火曜日)

信頼

鳩山由紀夫の顔つきが変わった。
ポスト小沢を射止め、順風満帆のころの明るさが消えた。
政治資金の「故人献金」問題、虚偽記載問題が影を落としている。

経理担当秘書と鳩山との信頼関係は深かった。
まさに片腕として、新人時代から陰になり、日なたになり献身的に鳩山を支えてきた。

彼に限って、そんなことするわけない、なぜ?―と。
ショックは相当大きいだろう。

民主党はこの際、心を鬼にして対応すべきだ。
岡田幹事長も十分説明したなどと、云っている場合ではない。
甘い。

鳩山は一度、身を引くべきだ。
いまの勢いがあれば、民主党は体勢を立て直せる。
前向きな党の立て直しなら影響は最小限に食い止められる。
思考停止で、立ちすくんでいる自民党とは違う。

政権交代は手段であって、目的ではない。
その先に、何があるのか。
何を目指すのか。

大胆な決断が必要だ。

|

« 懇談 | トップページ | ブーム »