« 画期的 | トップページ | 思い出す中野人事 »

2009年9月 4日 (金曜日)

幹事長

小沢幹事長…。
こうなるしかない。

見えないところで動かれるよりは、党の中心においてしまえば顕在化しやすいってことだろう。

官房長官は菅直人?
国家戦略局の仕切りは岡田かな?
衆院議長は鹿野道彦?
新進党時代に反小沢だったから、祭り上げるんじゃないか。
あの代表選は面白かったというか、すごかったけれどね。
分裂の雰囲気はあそこから盛り上がっていった。

党務をやってくれ、政策はこちらでやる―という鳩山的な整理の仕方だろう。

理系の首相―というのは、多分、初めてじゃあないかな。
そういう分析モノも読みたいモノだ。

昔、この人のブリーフが長くて長くて…。
細川、いや自社さかな?
長い会議をそのまま再現するものだから、会議が終わった直後に始まると、ちょうど倍の時間かかっちゃう。
メモ用紙が足りなくなることも。
で、結局会議の結果はどうなったの?
なんてことをもう一度聞かなければならなかったりして。

クラブに帰って報告するころには、誰もいなかったりしてね。

彼が自民党時代、選挙制度改革のころ、何だか分からない変数みたいなのを出してきて、改革本部の会合で説明していたこともあった。
なにしろ数学者だから…。
出席者は誰ひとり分からなかったんじゃないかなあ。

ウーン、一人だけ分かっていたかも。
細田博之!!

だからどうだってーの。

ユッキー、少しは成長したのかなあ。

|

« 画期的 | トップページ | 思い出す中野人事 »